iPhoneが水没!一瞬で復活させる方法

外せる部分を外してついている水滴を取る

iPhoneはスマホの中でも利用者が多い機種かもしれません。新機種が出れば多くの人が買い求めます。それまでにない機能が魅力なので、多くの人が使ってみたいと感じるようです。一応防水機能もありますが、完全に水没した時には対応していません。トイレやお風呂などに入れてしまったときには、すぐに対処が必要になります。まず電源が入っているならすぐに消します。そして表面についている水滴を取ります。さらに電池パックなどがあればすべて開きます。そして見える水滴をすべて取るようにしましょう。これが水没後に行う作業になります。もちろん細部にも水分が入っているので、しばらく放置しないといけません。完全に水分がない状態になってから電源を入れます。

食品乾燥機やシリカゲルを活用する

野菜は乾燥させて保存するのが良いとされています。通常は自然乾燥をさせますが、家電製品の中に電気の力で乾燥させるタイプがあります。もしiPhoneを水没させてしまったなら、この食品乾燥機を使って乾燥させると良いかもしれません。温度調節などができるので、あまり熱くならないようにしましょう。見える水滴を布などで拭きとってから行うと、比較的すぐに蒸発させられます。夏であれば、日差しの強いところに置いておけばすぐに乾燥させられますが、同じ原理になります。その他意外に使えるのがシリカゲルです。容器の中に水没したiPhoneを入れ、全体が見えなくなるくらいのシリカゲルを入れます。シリカゲルがたくさんあるほど乾燥しやすくなります。

大事なiphone6sの修理が必要になった際に最初にチェックをしたいのが、アップルのオフィシャルサイトです。そこでは、修理の目安の料金表でおおよその修理代金の確認や修理の予約もできるので安心です。