本当?壊れたiPhoneからデータを取り出す!

うっかりやってしまう情報端末の故障原因の水没

日々の生活の欠かせないツールにまで進歩した情報端末携帯電話およびスマートフォンですが、それだけに一度故障してしまうと様々なことに支障をきたしてしまいます。現在の携帯電話やスマートフォンは電話やメールで連絡をとる手段として使うだけではないからです。その内蔵されているチップに、今後の予定表や作成したデータそして変換した音楽を登録しているため故障してしまうとそれらの情報が使えなくなってしまいます。特に気をつけていても携帯電話やスマートフォンの故障原因として多いのが水没です。水没の多くは大雨が降った後の水溜りに落としてしまったり、トイレで使用中に手が滑ってしまい誤って落とすといった形が多いです。水没すると内部に水が浸入してしまい電子機器がショートしてしまい使えなくなってしまいます。

水没してもあきらめないでデータは取り出せる

水没をしてしまうと電源がつかなくなり、せっかく記録しておいた情報が全て使えなくなってしまうことで喪失感を起こす人が多いです。しかしあきらめていけないです。なぜなら水没しても内部のデータは取り出せるからです。携帯製造会社ではあらかじめ水没をすることを念頭において記録をするチップは保護しており、水没後に無理な行動を起こしていなければそのまま取り出すことは可能です。その方法としてはデータ抽出専門企業に送るか製造元の会社に水没した携帯電話を送ります。そうすると情報端末に内蔵されているデータをメモリーカードもしくは別の情報端末のデータチップの中に転送して使えるようにし再び持ち主の元に戻るのです。このように水没したとしても焦らずに行動すれば、意外にもデータだけは残すことが可能なのです。

2年使用したバッテリーは、劣化し新品の頃よりバッテリーの持ちが悪くなる傾向にあります。充電しながらのアプリの使用を控えたりするなどのケアをする事で、iPhoneのバッテリーを長持ちさせる事ができます