スピーカーで音楽が聴けないという方はこちら!

iPhoneのスピーカーは1ヵ所じゃない!

iPhoneで音楽を聴こうと思ったら、音が出ない。このような場合はスピーカーの故障が考えられるのですが、iPhoneのスピーカーは1つではありません。ラウドスピーカーとイヤースピーカーの2つがあるため、まずは故障部位を特定する必要があります。まずラウドスピーカーは、Dockコネクタの右側にあるメッシュの部分です。操作音や通常のサウンドは、ここから聞こえます。このためiPhoneを置いた状態で音が聞こえない場合は、このラウドスピーカーの故障が考えられます。またイヤースピーカーは、ディスプレイ上部付近のメッシュになっている部分です。もし通話中の声が聞こえない場合はこの部分の故障が考えられますし、ラウドとイヤーの両方から聞こえない場合は、スピーカー全体が故障している可能性がありますね。

iPhoneを修理に出す前にチェックしておきたいポイント

iPhoneを修理に出す時は、修理代が発生するケースが少なくありません。このためまずは操作ミスを疑ってみたり、自分で修復可能かどうかをチェックする必要があります。
iPhoneのスピーカー故障が疑われた時、まず行っておきたいのが端末の再起動です。iPhoneの電源を落とし、再び立ち上げてみると音が聞こえやすくなるケースもあります。また設定内容をリセットしたり、iPhoneを復元したりすることで直る場合もあるようです。さらに音がこもる場合は、スピーカー部分に細かいゴミが詰まっていることも考えられます。また、iPhoneを購入したての場合、サイレントモードになっていることに気付かないケースもあります。サイレントのスイッチがONになっていないかどうかも、確認しておきましょう。

iPhoneの画面割れを直したいけれど近くにAppleストアがない場合は、Appleのリペアセンターに配送すれば、修理してもらえます。